体表面温度測定 サーマルカメラ

体表面温度測定 サーマルカメラ

発熱スクリーニング対応 顔認証ターミナル

発熱スクリーニング対応 顔認証ターミナルは、入り口に設置して、表面温度を測定しながら、顔認証にも対応できます。
マスクをしている状態でも顔認証が可能で、かつマスク着用を促す事もできます。
入退室の管理や電気錠との連動で鍵の自動開閉など様々なソリューションを提供する事ができます。

タレット型サーマルカメラ

タレット型サーマルカメラは一度に20人同時に発熱測定を行う事が可能で、不特定多数の人が出入りしたり、一度に多くの人が訪れるイベント会場などでの利用にお勧めです。
三脚を使って簡単移動させる事もでき、だれでも簡単に移動でき、AIが「顔」エリアに限定した温度測定で誤感知を防止。マスクやメガネをしていても顔認識可能です。

新型コロナウイルスなどの一次検査に

発熱の疑いがある人を効率的に検知感染拡大のリスクを低減します

ウイルス感染主要症状の1つといわれるのが発熱です。
温度測定精度の高いサーマルカメラは、1秒以内で人の体表面温度の上昇を検出し、
大勢の人から、高発熱者を選別(スクリーニング)することが可能です。
一時スクリーニングを瞬時に行い、二次被害の拡大を抑制する手段のひとつとなります。

タレット型サーマルカメラ

測定人数 20人
測定距離 1~3m
測定誤差 ±0.5℃
測定温度範囲 30~45℃
型式 DS-2TD1217B-6/PA

ハンディ型サーマルカメラ

測定人数 1人
測定距離 1~3m
測定誤差 ±0.5℃
測定温度範囲 30~45℃
型式 DS-2TP31B-3AUF

顔認証ターミナル

測定人数 1人
測定/認証距離 0.3~2m
測定誤差 ±0.5℃
測定温度範囲 30~45℃
顔データ登録数 50,000
機能 電子錠連動、マスク着用警告
型式 DS-K1T671TM-3XF

PAGE TOP